デスシャドウの空想模様

アクセスカウンタ

zoom RSS 伏見稲荷大社 神幸祭 @

<<   作成日時 : 2009/04/23 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 おまたせ致しました。やっと時間がとれました! 4月19日に行われた神幸祭の様子を裏側目線で説明していきましょう。

 まずは西九条御輿保存会が持っている倉に集合したときの一コマ。時間は朝8時頃。 ここで御輿に飾り付ける道具を車に積み込み、伏見稲荷大社に向かいます。
画像


 伏見稲荷大社に到着。拝殿の端っこに行き、荷物を下ろします。
画像

画像

画像

画像

 お飾りの道具を入れてある箱だけでも、相当に古い物です。天保4年って、江戸中期〜末期頃ですかね。「天保の大飢饉」が1833年だから、170年位前になるのか。とにかく、それくらい古い箱って事ですね。

画像

 荷物を下ろし終わったら、御輿倉のある本殿裏側へ行きます。丁度、神楽殿の左手に御輿倉はあります。すでに大勢の氏子が各御輿の出庫準備をしています。

画像

 御輿を納めている囲い箱です。上部分に4カ所ほど金具があり、そこにロープを引っかけて上にある滑車に通し、それを引っ張ると囲い箱が持ち上がるという仕組みです。

画像

画像

 これが吊してあるロープと滑車です。これも相当な年代物だと思います。こういうのって古民具扱いになるのかな。

画像

 囲い箱の内部です。画面が見にくいですが、右手の年号は寛治元年と入っています。調べたら、なんと1078年だったんです! 平安時代の中期〜後期頃に建造されたものだったんですね。 驚きました!
 左手にはおそらく年号だと思いますが、元治・・・と書いてあります。元治は1864年頃ですから、おそらくその辺りに囲い箱を修復したのでしょうか? 写真の出来が悪いので、はっきりとは分かりません。

画像

 このような囲い箱は全部で5つあります。5基の御輿があるわけですから、当然ですよね。写真は、すべての御輿が出払った後に撮影しました。

 続きはAでどうぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

この検定に挑戦する
伏見稲荷大社 神幸祭 @ デスシャドウの空想模様/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる